The Web

石壺、ニ世紀前後に作られた、温泉もあるよ !

北部へ旅に行ったら、必ず石壺保護地に観察、国内遺産です、世界遺産を申請中です

謎の石壺遺跡として有名なジャール平原の観光拠点、あたり一面に広がる巨大な石壺 なっ数々。その目的はいままだ謎である。この石壺(ラオス語で「ハイヒン」)は1931年~32年 の間、フランスの考古学者コラニーによって発見された。この石壺は、隣のルアンパバン県 にあるものを含めると500以上、ジャール平原にはその半数があるとされている。コラニー がこの壺を発見したときには、大半の壺の中からは何も出土しなかったが、ごくわずかの壺 から人骨やガラス玉が見つかり、周辺からは土品、石品、鉄品、ガラス玉、鉄や槍の穗など が出土している。1994年に、日本の考古学者、新田栄冶らによる調査ではそう判明した。交通 は国内線のるか、ボリカンサイ県から、ルアンプラバンから、ビエンチャンからもバスを走ります ベットナム国境からも入国可能です、見るところは民族の生活の姿も見学、温泉もありますが まだ開発していません、今の政権は長い歴史があります、案内人に少し聞かせては何かヒント があるだと思います。




プロフィール

Auther: ブントーン
普段は梅雨になと農民達が稲作を準備しています、今は年に二回のお米を作ります、ラオスではムチ米を食べる民族です、普通米でも食べる人も増えています。

最新記事

Links

Promote